本文へスキップ
横浜桜木町駅から徒歩3分の児童精神科クリニック。猪子メンタルクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-231-8861

〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-70ミツミビル103

発達Development

自閉症スペクトラムってなんでしょう

1.自閉症スペクトラムってなんでしょう。

児童精神科の外来では、2-3歳の子どもさんをおもに発達の問題の相談を受け、診断をつけるということが仕事のひとつです。
そんなとき、
「自閉症スペクトラムです。」
「え、うちの子は自閉症なんですか」
というコミュニケーションにならない会話を患者さんのお母様としてしまい反省します。
もっと、情報を共有しておかなければ、と思い、ここに自閉症スペクトラムのことを記します。

なぜ自閉症スペクトラムという言葉を精神科医がつかうようになったかというと2013年にアメリカ精神医学会に診断基準(DSM)が改訂されたからです。DSM-5 になりました。それまでは、DSM-IV でした。
みなさんがよく御存知の自閉症やアスペルガーという診断名は、DSM-IV にはありましたが、DSM-5 ではなくなってしまったのです。

えっと思われるかもしれません。でも、高機能自閉症とアスペルガーの違いは、臨床理論の体系では理解できるけれども、実際の症例の前にいくと迷うしかないということは、少なからずあったのです。ですから、アメリカ精神医学会のいうことをそのまま受け入れているわけではなく、やはり、新しい診断基準をつかおうと思うわけです。

DSM は、診断名は、グループごとに章にまとめられています。
DSM-IV では、
広汎性発達障害という章に、
 自閉症
 アスペルガー
 ・
 ・
 広汎性発達障害のその他に特定されないもの
というたくさんの診断名がありました。
DSM-5 では、
自閉症スペクトラムという章に
 自閉症スペクトラム
というひとつの診断名だけです。

では、自閉症スペクトラムというのは、何も言ってないではないかということになります。自閉症スペクトラムというのは、自閉症圏の特徴は、さまざまなものがあるのではない、ひとつの連続体すなわちスペクトラムだという考えになったのです。ですから、自閉症スペクトラムと診断すれば、重症度をしめさなくてはなりません。重症度の基準は、最初にカナーによって報告された典型的な自閉症を100とすれば、アスペルガーは50くらいと考えればいいでしょう。自閉症スペクトラムといわれれば、カナーのタイプの自閉症も入ります。しかし、有病率から推測すれば、カナーのタイプは、1万人にひとり、自閉症スペクトラムは68人にひとりといわれていますから、重症の自閉症を思い浮かべることはないのです。お母様方におねがいします。どこかの児童精神科の外来で、医者から診断を言われたら、
「自閉症スペクトラムです」
「どれくらい重症ですか」
と問い返してください。

2.自閉症スペクトラムの診断基準


DSM-IV の自閉症の診断基準の3つ組は有名でした。
 社会性
 言語
 くりかえし、こだわり

DSM-5 の自閉症スペクトラムの診断基準は2つ組になりました。
 社会的コミュニケーション
 くりかえし、こだわり

どうしてこうなったかというと、症状を変数に因子分析した結果だと思います。
世界中の多くの研究者が自閉症圏の症例を対象に症状を研究し、社会性と言語の症状は、別の因子に分けることが不自然だったということです。そういう研究結果が積み重なって、もう、高機能自閉症とアスペルガーを分けることがなくなってきていた。それをDSM-5 に反映させたということでしょう。

さて、社会的コミュニケーションとは、
1、相互の対人的-情緒的関係のなさ
2、非言語的コミュニケーション行動を用いることのなさ
3、人間関係を発展させ、維持し、それを理解することのなさ
とされています。

ここで、会話する能力といった言語についての記載がないのは、男の子より女の子の方がおしゃべりは得意であろうし、会話は年齢を重ねると発達していくだろうし、また、知能や言語能力といった認知力に関連するところが大きい、自閉症の中核症状とは言えないのではないかという考えからでしょう。
1.人と対したときの関係性、喜びの共有、2.表情や身振りでのコミュニケーション、そして3.人間関係の発展と続くところが、自閉症スペクトラムの診断には重要なところなのです。

医者が、幼児が母親と対しているときに観察しているのは、視線の合わせ方と興味のあるものに母親の視線を誘おうとする指さしです。いちばん愛着のある相手に共感を求めようとする表情や身振り、愛着関係の安定とそのことへの幼児の満足の様子、それさえ観察できれば、これは自閉症スぺクトラムではない、少なくとも重症ではない、と胸をなでおろすのです。
ここが、お母様方が、うちの子が言葉が遅いと心配されているのとは、視点の違うところです。

この幼児のもつ共感的指さしとは、たとえば、こういうものです。

   暮れなずむ歩道を1歳のよちよち歩きの男の子がお母さんと手をひいて歩いていく。疲れたのか、男の子はお母さんのスカートを引っ張ってお母さんの顔を見上げて両手を広げて抱っこをせがむ。お母さんが抱っこをして歩くと、バスが通った。「あー」とうれしそうに声をあげて、指さしして男の子はバスをお母さんに指し示す。お母さんもバスを見つめ「まあ、バスね、パパ乗っているかしらね」。男の子は、バスを見てくれているお母さんの顔を見て、きゃっきゃと声をあげ全身で喜ぶ。パパが乗っているかもしれないバス、いつも出かけるときに乗るバス。ぼくの好きな赤白のバス。いつものバスが通った。


3.自閉症スペクトラムの予後

「この子は、ずっと、このままなのですか」
お母様によく訊かれる質問です。絶対、そんなことはありません。子どもは、必ず発達します。
自閉症スペクトラムの診断自体が、そんなに恒常的な症状を前提にしたものではありません。

ベン・アフレックという俳優のアクション映画、日本の配給会社は「コンサルタント」という題名にしましたが、アメリカの原題は会計士です。数字に強い自閉症スペクトラムの会計士が知識もあるからコンサルトもするという主人公をベン・アフレックが演じています。クールで几帳面という特徴、生活のパターンを変えないという特徴、そういう特徴を描いてはいますが、主人公は自分の特徴を生かされて育った。そういうように子どものもつ特徴を生かしていくということは自閉症スペクトラムに限らず、どの児にも必要だと思うのです。

AD/HD

AD/HD については、よく知られています。日本語で注意欠陥多動症ですが、落ち着きのない子ども、よく動く子どもと捉えられています。多動の目立たない子どもも集中力の問題をもっていることがあります。話しかけても聞いていない、ぼーとしているようにみえる、忘れ物が多い、しなければいけないことを忘れて他のことに気をとられてしまう、やらなければいけないことがいくつかあると混乱してしまっているようにみえる、周囲の人に理解されない、ということで受診されることが多いようです。
子育ての問題として見られることが多く、AD/HDの子どものお母様は、もっときちんとしつけをしなさいと言われて困ってしまっていることがあります。子どもたちを理解して対応していくことが求められます。
AD/HD には、学習障害などがともなうことが知られています。
当クリニックでは、積極的に心理テストや認知テストをおこない、学習障害についても把握し、その子にあった学習方法を提案していきたいと考えています。
ひらがなは清音は何とか読めるが濁音や拗音は難しい、漢字は書けるがひらがなを書くことが難しいなど、困っている状態をお話しください。また、英語のスペルについても努力しても覚えられないということがめずらしいことではありません。
AD/HDの子どもの中には、努力していく課題をこなしていくのが苦手な子どももいます。その子といっしょに勉強していくのは大変かもしれませんが、学習の仕方をお母様が理解していくことで子どもさんに自信が生まれます。


AD/HDについての理解

ひとりひとりの診療や心理テスト学習方法へのアドバイスなどにくわえて、当クリニックではお父様お母様を対象にグループの勉強会を企画します。
親のためのコーチング、ペアレント・トレーニング、AD/HDについての心理教育などを考えています。
詳しくはスタッフにお問い合わせください。



Inoko Mental Clinic

猪子メンタルクリニック
〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-70ミツミビル103
TEL 045-231-8861

newpage2.htmlへのリンク