本文へスキップ
横浜桜木町駅から徒歩3分の児童精神科・心療内科・精神科クリニック。猪子メンタルクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-231-8861

〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-70ミツミビル103

子どものうつ病Childhood depression

子どものうつ病について

方針イメージ

子どもにもうつ病があるのかしら。ただ、思春期にはこんなふうに考えるのはよくあることではないのかしら・・・。
そんなふうにお母様お父様方が考えられることはよくあります。
子ども自身に尋ねますと、
自分は、以前の自分とは違って、楽しいことも楽しいと思えないし、いつも嫌な気分でいるし、いちばん困るのは、勉強しようと思ってもできない。
子どもさんがこのように語っても、思春期とはこんなもの誰にでもあるもの、と思われがちです。
うつ病は、今までとは違った状態であって、うつ気分や、いままで楽しいと感じていたことに興味がもてなくなるといったときに考えられます。うつ病の治療といっても、かならずしも薬物治療というわけではありません。ただ、薬物治療だけではなく、どのように子どもさんに接するとよいか、今、どんな生活をするとよいかを考えましょう。
そのお手伝いをさせていただきます。

治療の流れについて

  1. 初診

    最初に院長が診させていただきます。
  2. 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  3. カウンセリング

    希望される方には、カウンセリングをおこないます。ご本人へのカウンセリングとともに、ご家族のカウンセリングもおすすめします。 くわしくは診察のときにお尋ねください。
  4. 診断についてお話しします。
  5. 治療計画

    治療の見通しをお話しします。
  6. 治療

    通院の頻度などについても、ご事情にあわせて決めていきます。

FAQ よくあるお問い合わせ

うつ病と診断されたら、学校を休まないといけませんか?

うつ病と診断した患者さんに、学校を休むことをすすめるわけではありません。できれば、学校生活を送りながら治療することをめざします。学校生活や友だちとの関係そして家族との関係がうまくいくことを目標にします。自分なりの充実した毎日を過ごすことができるのが大切です。学校に何とか通っているけれども、勉強はできない、成績が悪いことを本人は気にしている、もう学校に通うよりも家で勉強して自信をつけさせた方がいいのではないかとお母様が考えられることがありますが、本人には、いまは何ができるか、何をしなくてはいけないか、何をしたいかということを確認して、最初の小さなステップはどこに踏み出すとよいかを考えましょう。小さな確実なステップが治療には大切です。本人は焦っています。周囲も焦ってしまって、すぐによくなる方法を探してしまいます。いまできる確実な一歩は何かは必ずわかります。本人だけでなく家族も状態をよく知って一歩進めたことを確認していきましょう。


子どものうつ病についての本はありますか?

猪子香代著「子どものうつ病」慶應大学出版を参考にしてください。
また、猪子は他にも子どものうつ病についてのマンガの監修などもしています。参考にしていただければ幸いです。


Inoko Mental Clinic猪子メンタルクリニック

猪子メンタルクリニック
〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-70ミツミビル103
TEL 045-231-8861